アイマグブログ―asem studio 赤松 章

imag021.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨空の中、特訓です。

『のんきに構えていたら、あとひと月くらいしかない。』
1時間位の動画を、撮るはめになりました。。
ついに、キャメラマン デビューです。


c0170447_9365549.jpg
昨年春、一眼Mov用のZACUTOシステムは買い揃えていました。(以前ブログにも載せましたが)
仕事の優先順位としては、冬に導入したハイエンドのスチールカメラが一番で、
一眼movは、自分の光、世界が見つかれば回そうと思っていたので
ノンビリ構えていて、ほとんどトレーニングをしていませんでした。
大慌てです。

最近のデジタルカメラは、オートフォーカスで撮影します。
『正直に言うと本当は、デジタルカメラはフイルムカメラより
シビアなピントが要求されるので、動体視力、運動神経が
退化したおっさんは、マニュアルピントは無理です』


経験が少ない方も、難しいかもしれません。
しかし、一眼Movカメラで、前後の動きのある物を撮る時は、
ピントはマニュアルフォーカスです。
熟練と技を要します。
そんな訳で、梅雨の晴れ間にピント合わせの特訓です。

c0170447_9402493.jpg

そして、少しマニアックなレンズの話をします。
オートフォーカスレンズは、モーターでフォーカスを制御するため、
レンズの動く量が少ない方が早くピントを合わせる事ができるので、
少しの動きで∞〜最短距離を移動するように作ってあります。
Movではこれが厄介で、手動だと動かしすぎてピントを送りすぎてしまい、
戻らなければならなくなり、不細工な絵になってしまいます。

その点、マニュアルフォーカスレンズは、当たり前の話ですが、
手動操作での設計なので、慣れればピント合わせがとても楽で、正確です。

そんな理由で昨年、ZACUTOのシステムを揃えてから、
練習用にマニュアルレンズを集めていました。
もちろんお金さえ出せば、シネレンズはレンタルも購入も出来ます。
とても高価ですが、、、、

今回、1977年発売の面白いNikonレンズを手に入れました。
c0170447_95398.jpg
『Aiズームニッコール35㎜〜70㎜F3.5』
買ったばかりの最新のD-4でテストしました。
スチール写真でも驚くほどシャープで、好ましいコントラストの写真になります。
『これは、当たりです。』
Canonは1987年から、より明るいレンズ設計や、オートフォーカスの高速化のため、
新しいレンズマウントを採用しました。
つまり、古いシステムは切り捨て、性能を優先したのです。

そんな理由で近年は、キャノンの方が少し進んでいるような気がしていました。
使ったことは無いけれど。
しかし、1987年より古いレンズと、新しいカメラとは、互換性はありません。
NikonCanonの大きな違いは、
未だ、新品のマニュアルフォーカスレンズを販売しているし、
とても古いレンズで最新のデジタル写真も楽しめ、とても助かります。

Nikonの広告にありました『6500万本』
[PR]
by imag0210 | 2012-06-27 10:08

8×10

c0170447_18335724.jpg
今年、新たに8×10(20.3×25.4㎝)のフィルム用現像タンクを作りました。
モンゴルでは、ヘリコブターに積んでおき、緊急時のレントゲンフィルムの現像に使います。

現像タンクのテストは、Kodak社の製品がまだ手に入るので、
白黒の写真フィルムで撮影、現像する事にしました。

『フィルムTry X』『現像液D-76』、化石のような20世紀の組み合わせ。
c0170447_18424387.jpg
若いスタッフは、聞いた事はあっても
実際に触った事がないので、
話の種、カメラマンの古典常識、恐いもの見たさ、アナログ、
手仕事の楽しさ、写真表現の多様性、、、、
などを知って頂くため、みんなにフィルムを渡し、
撮影、現像と、アナログを楽しんでもらいました。

これで、今週モンゴルへ機材を送れます。
[PR]
by imag0210 | 2012-06-14 18:48

昨日の夕方から梅雨らしくなりました。

梅雨の時期は、例年少し時間に余裕があるので、
機材の点検、梅雨が明けてからの撮影準備をしています。
月曜日は、Yahooで買ったキャンプ用のシャワーのテストです。
勿論、仕事の為です。
c0170447_182565.jpg
モンゴルでレントゲンフィルム、現像タンクの洗浄に使います。
水に余裕があれば、少しシャンプーに使うかもしれません。
説明書には、気温30℃の晴天だと2時間で40℃のお湯が出来ると書いてありました。

昨日は薄曇りでしたが、試してみると、
『気温22℃、水温21℃で2時間置くと、29℃に』、、、、、
c0170447_1884371.jpgc0170447_1885881.jpg






これで太陽光さえあれば、インフラが整備されていなくても、何とかなりそうです。c0170447_18214023.jpgc0170447_18213190.jpg




















最近、
『自分でも何が楽しくてこんな事をしているのか?』です。
明日は、8×10(6切り)の現像タンクのテストです。
[PR]
by imag0210 | 2012-06-12 18:22

政府は大飯原発を再稼働しそうです。

c0170447_18181148.jpg
c0170447_18182298.jpg
最近柴田さんから頂いた、
アメリカ軍の蚊帳付きベッドと、
MOUNTAIN RESERCHの、ろうそくランタン。

僕は冬生まれのせいか、夜暑いと眠れない。
昼はいくら暑くても気にならないし、冬の夜の寒さもそれほど気にならない。

そんな訳で、今年の夏、計画停電でエアコンが使えなければ、
久万町のキャンプ場から通勤しようかとか、
家のベランダに蚊帳を吊ってみようかとか考えていたので、大助かり。

夏場はこれがあれば何処でも寝れるし、しかも、電気を使わない。
のんきな田舎者の、楽しい夏の節電計画です。
c0170447_1836679.jpg

[PR]
by imag0210 | 2012-06-09 18:34

撮影準備

c0170447_1751215.jpg
夏にモンゴルへ行く為、スタッフのK君と、
愛媛大学医学部付属病院で破傷風の予防接種。

今回、どこで接種が受けられるか調べてみると、愛大付属病院しかないみたい。
予約をして、診察券まで作って、先生に病気の説明を受け接種完了。

僕は、3回以上受けているので基礎免疫完了なのですが、
前回受けてから10年経っているので、
念の為、1ヶ月後にもう一度接種する事にしました。

久しぶりに、年季の入ったイエローカードを取り出して記憶を辿ってみると、
最初は西アフリカへ行く時、今はもう無いけれど、三番町の勝呂外科病院で
手軽に破傷風、コレラ、A型肝炎、等の予防接種を受けた記憶があります。

今は、海外旅行時の予防接種は一般的ではなくなったようです。

地球が無菌に成った訳ではないのに。
『日本では1950年頃、年数千人の患者が居たらしいが、現在は100人未満らしい。
 しかし、死亡率は10%。』

しかも先の東日本大震災では、津波でかき回された土の中のガラス、釘等で
けがをして菌が入り、破傷風に感染した方が多く居たそうです。

けがを良くする方は、念の為にいかがですか。
[PR]
by imag0210 | 2012-06-05 18:09
line

フォトグラファー 赤松 章

有限会社アセムスタジオ
代表取締役


by imag0210
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28