アイマグブログ―asem studio 赤松 章

imag021.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

内子座

c0170447_17282450.jpg

忘年会続きで今更ですが、
クリスマスイブの日、
ミュージカル『オーロラに駆けるサムライ』を観に内子座へ。

取材では何度も行って、
撮影した事があるのですが、観劇は初めて。
c0170447_17291721.jpg

理屈は抜きにして、
内子座が想像以上に『素晴らしかった』。

舞台に張った白い和紙に光で表情をつける。
客席の僕も、アラスカの白い雪原に居るような寒さや、
オーロラを感じ、舞台美術が『見事でした』。
余分な物を省き、濾して本質を見出す、
生の舞台にはまりそうです。

とても良いミュージカルで、
今年一番のプレゼントをもらったようでした。
撮影許可を得とけば良かった。
[PR]
by imag0210 | 2011-12-28 17:42

本日天気晴朗ナレドモ波高シ

c0170447_18535010.jpg

睡眠不足と慢性二日酔いで、
日曜日、早朝から船釣りに行きました。
『本日天気晴朗ナレドモ波高シ』で、午前中はきつかった。
しかし、久しぶりの、まずまずの釣果。
c0170447_18573824.jpg

魚をさばいていて、『坂の上の雲』を見過してしまった。
誰か貸して。
[PR]
by imag0210 | 2011-12-20 19:07

つづき

探し物を見つけに入った店も、日曜日の昼過ぎなのにお客さんは僕だけ。
ゆっくり選べるけれど、冷やかしでは入れない雰囲気。
どんな人達が来ているのか、今度は暗くなってから覗いてみよう。

最後は、ギャラリヤ百貨店の地下にある高級食料品売り場を冷やかし、
お昼を食べに南大門市場へ。
c0170447_12301822.jpg

c0170447_12342265.jpg

さっきまでの江南とは同じ国とは思えない。
すごい活気に、お椿さんみたいで何故か血が騒ぐ。
c0170447_12415537.jpgc0170447_12425748.jpg











お昼を食べた屋台。
巻き寿司、チヂミとビールを楽しみ、乾き物を買ったり、
c0170447_1315443.jpg

呼び込みのお兄さんに腕を掴まれたりして、正しい日本人観光客でした。
c0170447_1319679.jpg

c0170447_13193651.jpg

夜は、街の中心にある高級ホテルのイルミネーションに感動し、
いつも立派なのは、冬が厳しくキリスト教徒が多い故にかなー?と、勝手に想像したり。
何回来ても飽きないのは、街が僕の好きなバランスで、
コントラストが強いせいだろうと、考えながら夜の街をブラブラ、、、、
c0170447_13214792.jpg

日本共々、貧富のコントラストが強くなりません様に。
今週は忘年会が5つ。
昨日は広島、八昌のお好み焼きで忘年会。
c0170447_13231029.jpg

今夜はimag忘年会。
ウコンの力に頼るしかないか、、、、
[PR]
by imag0210 | 2011-12-16 13:36

冬の旅

c0170447_1827026.jpg

先週土曜日、前日の忘年会を引きずりながら、
お世話になった元電通のADが個展をしている大阪へ。
c0170447_18553758.jpg

そして、16時40分便でソウルへ。
『RM PRESENTATION2012 SEOUL』
c0170447_18545351.jpg

僕は何の役もないけれど、漠然と、今年の夏一緒に
モンゴルを旅した、エントラントの顔が見たくて。

プレゼンはPM7時からでしたが、何とか30分遅れで到着。
皆の元気な顔を見られて、韓国料理もごちそうになり、大満足。
c0170447_18333932.jpg

その夜偶然、明洞で皆既月食を見て、
カジノで人生を少し後悔。
しかし、これで良いのだ。

c0170447_18364350.jpg

友人に手配してもらったホテルは、南大門市場のすぐ横。
朝から活気がある。
c0170447_18375111.jpg

お楽しみは後にして、
最初は、江南アックジョンの高級ブティック街へ。
c0170447_18383375.jpg

買い物目的ではなく、市場とのコントラストが好きで、
ソウルに来ては覗いています。

c0170447_1840915.jpg

c0170447_18402959.jpg

c0170447_18534724.jpg

ガイドブックには、高級住宅街に面し、
セレブ向けのデパートやブティクがあり、芸能人がお忍びで来るとあった。

でも、僕が幾度か来て店を見る限り、セレブ、お客さん、日本人観光客すら居ない。
ちゃんとセールをしているにも関わらず、不思議だ。
時間帯が違うのかなー?

あ!忘年会に行かなくては!
つづく。
[PR]
by imag0210 | 2011-12-14 19:16

坂の上の雲






c0170447_18242971.jpg

昨日、天気が良かったので、上から城北の練兵所辺りを撮影する仕事のため、久しぶりに松山城へ。

折しも、坂の上の雲の最終章となる第3部の放送日。
ポスターはどこで撮影したのかを探しながら、
遅い紅葉と初冬の光を楽しみつつ、少し観光客の気分で登りました。
c0170447_18254773.jpgc0170447_18261445.jpgc0170447_18263874.jpgc0170447_1826571.jpg

















作者の司馬遼太郎さんは、好きな作家です。

断片的に何度も読んだのが、『坂の上の雲』
『草原の記』

旧ソ連で生まれ、その後満州国に移り住み、1959年にモンゴルに脱出したモンゴル人女性の話です。
一度、お会いした事があります。



司馬遼太郎さんが満州とモンゴルについて書かれると、
自分を責めているかのような、こんな一節が入ります。
『もし、私どもが満州に駐まっていたなら、兵士として当然ながら、
このひとびとの苦痛と死を、ぜんぶ身代わりすべき立場にあった。』
草原の記より

いつか司馬遼太郎さんが対談で
『先の大戦は政治家、知識人、文化人の軍事知識の無知が招いた』
との、主旨の事を述べられていました。
僕は、『坂の上の雲』は反戦小説だと思います。

姿勢を正して見ました。
c0170447_1839228.jpgc0170447_18393731.jpg










『南極物語』も、今週は夕食が終わっていたので良かった。
先週は、食事しながら見たので辛かった。
[PR]
by imag0210 | 2011-12-05 18:50
line

フォトグラファー 赤松 章

有限会社アセムスタジオ
代表取締役


by imag0210
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31