アイマグブログ―asem studio 赤松 章

imag021.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

目からうろこ

c0170447_18111396.jpg

前回、ブログで雨に飽きたと書いたせいか、
太陽が強すぎて体がついていけません。


c0170447_18121783.jpg

先日、砥部町文化会館でエヒメデザイン協会の仲間、
コピーライターの大野千佳さんの講演
『 砥部焼とデザイン 〜戦後、砥部焼はどう再生したか〜
があったので参加しました。



c0170447_1814876.jpg

『やや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴』
とウィキペディアにありました。
僕はその特徴があまり好みではないので家には数枚しかありませんが、
陶芸に造詣が深くない僕の好みは、どうでも良い事なので別にして。
よく調査したものだと感心し、
講演内容に目からうろこ。


現在一般的に認識されている砥部焼は
昭和30年代〜40年代のデザイン運動で生み出された事、
一部の陶工がデザインした製品を現場の職人が生産していく、
まさにインダストリアルデザインで生み出された製品だと知りました。
特に感銘を受けたのは、当時多くの職人さんは半農、半陶で、
彼らの技術で制作可能な形態、模様をデザインし、ブランド化した点です。

つまり作品のデザインではなく、
地域全体の産業、生産工程を踏まえたデザインだったのです。
この考えはデザインの本質だと僕は考えます。
昭和30年代に砥部で実践されたとは驚きで、
少し砥部焼を見る目が変わりました。
c0170447_18192051.jpg
講演は大盛況で立ち見が出るくらいでした。
また砥部の若い陶工さん達も
多数見えられていたので近い将来、
平成のデザイン運動が興るかもしれません。
楽しみです。
[PR]
by imag0210 | 2011-06-29 18:41

そろそろ太陽が恋しくなりました。




梅雨は好きなのですが、今年は雨がよく降りますね。
梅雨の田植え時期には、スタジオの周りの風景が一変し、湖畔の家になります。
c0170447_1948221.jpg

毎年、この時期は外の撮影が少なく、
少し時間に余裕が出来るのでスタジオの田植え
(照明機材の点検、ライティングのテスト、夏とモンゴルの準備など)
をしていたのですが、梅雨入りが早かったので田植えにも飽きてしまい、
フラストレーション気味なので解消のため、先日の大雨の日に雨を逆手に取って、
『水の姿』をテーマに撮影にいきました。
c0170447_19492627.jpg

c0170447_19494094.jpg

c0170447_1950083.jpg

c0170447_19495229.jpg

c0170447_19501432.jpg

c0170447_19502592.jpg

c0170447_19514031.jpg



水は生命の源だけど、ほどほどが良いですね。
しかし、最近自然が人に厳しくなったような気がします。








[PR]
by imag0210 | 2011-06-22 19:58

暗室2号完成




今年も夏にモンゴルへ行くので、レントゲンフィルム現像用の暗室を改良しました。
c0170447_1939222.jpg

昨年の暗室1号は、自立したテントに吊るす設計でしたが、
今回はゲルの天井の梁から吊るすようにしました。
こうする事で設営の時間も短くなり、雨風を少し心配しないですみます。
c0170447_1940544.jpg

いつものように、暗幕をスタッフの女の子に縫って頂き、めでたく完成です。


又、今回は新たに現像タンクも制作しました。
同時に5枚フィルム現像が出来、かつコンパクトで手を汚しません。
c0170447_19412387.jpg




計算どおり上手くいきますように。

c0170447_19422073.jpg


[PR]
by imag0210 | 2011-06-17 19:50

季節違いの運動会




先日、娘が通っている小学校の運動会があり、
昼時にお弁当目当てで、仕事を抜けて覗いてみました。
c0170447_14393833.jpg

天候不順で延期され、平日になったのでお父さんの参加は少し少ないようでした。
c0170447_14402189.jpg

僕が小学生のときの運動会と言えば、村のお祭りみたいで、
大人たちは競技を肴に大宴会をしていたと記憶しています。

秋は農作業の区切り、収穫祭として、祭りなどの行事が行われていました。
10月運動会、11月秋祭り、亥の子
と美味しい物が沢山食べられるので、とても好きな季節でした。
c0170447_14425226.jpg

僕は今、農耕民族的気分なので
田植えも終わっていない時期の運動会は少し違和感を感じ、
アドレナリンがあまり出ませんでした。
子供たちは楽しそうでしたが、自然への感謝、摂理を教えるためにも
運動会は収穫が終わって、
騎馬民族的気分の時期の方が良くないですか?

[PR]
by imag0210 | 2011-06-02 14:48
line

フォトグラファー 赤松 章

有限会社アセムスタジオ
代表取締役


by imag0210
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30